つむじの雑記帳

無職女性が役立つ情報や気になるものをシェアするブログ

私は静電気恐怖症 きっかけと静電気対策について

私は静電気恐怖症 きっかけと静電気対策について

だんだんと日も短くなり、朝方だけでなく日中も冷え込むようになってきましたね。空気もだんだん乾燥し、静電気が起こりやすい季節でもあります。私にとってとても辛い時期です。

というのも、私は静電気恐怖症。あの「バチッ」という感覚が恐怖です。金属類・車のドアになかなか触れることができません。湿度の高い夏でもドアノブや車のドアを触るのがとても怖いです。辛い、辛すぎる…。今回は私の静電気恐怖症についてお話したいと思います。

静電気恐怖症が辛い

きっかけ

きっかけは、小学生の頃の北海道旅行です。行ったことがある人はわかるかもしれませんが、冬の北海道は室内の暖房がかなり効いています。

ホテル内は半袖でも過ごせるくらい暑く、息苦しかった記憶があります。(私は暑すぎると息が苦しくなってしまうので…。)そのため、湿度もかなり低くかったです。濡れタオルを干しただけでは、補えないくらい乾燥していました。

金属類を触ると毎回静電気が指先に走ります。もうそれがとてつもなく恐ろしかったです。まさに静電気地獄。エレベーターのボタンを押しても、親の手が少し触れても静電気が走ります。何を触っても静電気が来るので、物を触るのが怖くなってしまいました。

自宅に帰ってからもその恐怖が拭えず、金属類や車のドアを触れることに対して異常に警戒するように…。数ヶ月経って症状は和らいだのですが、結局秋冬には復活。今は長期化していて季節問わず怖いです。

静電気対策

ドアを開ける際は、かなり気を遣います。長袖を着ている時は服の袖を伸ばし、手を覆ってからドアを開けます。手が乾燥していると静電気が起こりやすいので、ハンドクリームを持ち歩くこともあります。地面などを触って放電するように心掛けたり、自分なりに工夫をしています。

服装も注意すべきなのですが、それで好きな服が着られないのは辛いです。なので、特にこれといった対策はしていません。しているとしたら、柔軟剤や静電気スプレーくらいですね。私は肌が弱く、静電気が刺激になってかゆみが起こりやすいのでその対策も兼ねています。

さいごに

これからの季節はニット類を着ることもありますし、静電気が起こる確率が非常に高くなります。暖房も付けるようになってきたので、最近は毎日ビクビクして過ごしてます。お守り代わりに静電気除去グッズを購入しようかと検討中です。生活に支障が出ては困るので…。私が静電気恐怖症を克服できる時はやってくるのでしょうか…。