つむじの雑記帳

無職女性が役立つ情報や気になるものをシェアするブログ

毎朝15分書くだけ「モーニングページ」のやり方と感じた4つの効果

モーニングページで頭をデトックスしませんか?

皆さんは、朝どんなことを考えていますか? 仕事のこと、眠い、二度寝したいなど色々浮かぶはずです。ネガティブなことも思い浮かぶかもしれません。私がそんな気持ちを取り除くために、一時期行っていたことがあります。それは『モーニングページ』です

モーニングページとは毎朝15分3ページ、頭に思い浮かんだことをノートに書き残すこと。アメリカのジュリア・キャメロン氏が自著、『ずっとやりやかったことを、やりなさい』で紹介されている朝の習慣です。今回は、モーニングページのやり方や、実感した効果を紹介していきたいと思います。

モーニングページのやり方

➀朝起きてすぐ、15分タイマーを設定して書く
3ページ書くのが理想ですが、最初の内は全然書けないと思うので気にしなくていいです。私は、15分で3ページ書けたためしがありません。

②頭に思い浮かんだことを書く
「眠い」と思ったら「眠い」、「書くことない」と思ったら「書くことない」と書いていいんです。頭に浮かんだことをそのまま書きましょう。

③モーニングページは誰にも見せない
誰かに見せるということはないと思うのですが、誰にも見られないように隠しておきましょう。

④始めの8週間は見返えさない
例え自分であっても始めの8週間は見返さないようにしましょう。8週間後のお楽しみです。

ノートの種類は、特に指定はありません。自分の書きやすいノートを選びましょう。綺麗に書けなくてもいいです。私なんて殴り書きで書いてましたから。書くのが面倒な人は、パソコンやスマホで打ち込むのもありかもしれません。パソコンやスマホの方が圧倒的に早いですし、あっという間に3ページ書けるかも…。

モーニングページの効果

頭がすっきりする

【私が書いていたこと】

・将来の不安

・愚痴

・決心

・心のモヤモヤ

・やらなきゃいけないこと

・新しく得た知識のアウトプット

・眠い

他にもたくさん書いていたと思うのですが、肝心のノートがもうありません…残念…。以前の私は、1日中考え事をしてしまうこともあり、頭の中がいっぱいいっぱいでした。大半はネガティブな考えで、不安になったり憂鬱な気分になることもしばしば。モーニングページはその考えを整理する上でとても役に立ちました。書くことで気分が少し明るくなり、前向きになることができました。その点はブログと似ているのかもしれません。

創作のネタになる

ブログを最近始めたので、またモーニングページを再開しょうと思っています。ブログのネタを頭から洗い出すことができるかもしれません。

自分を客観的に見れる

ノートを読む

モーニングページを8週間経ってから振り返ってみてください。モーニングページを振り返れば、自分を客観的に見れるので、自分の成長や感情の変化に気付くことができます。意外な発見があるかもしれませんよ。

早起きできる

モーニングページを書いていた頃は、とにかく早起きして書いていました。早起きして書くと気持ちがいいですよ♪朝活としてもおすすめです。

さいごに

私はモーニングページを1ヶ月行っていました。書くのを止めたのは必要がないと判断したからです。キャメロン氏は12週間続けることを推奨していますが、「続けなきゃ!」というプレッシャーがあると続きません。「とりあえず書いていたら12週間以上続いてた!」なんてこともあるかもしれませんので、気軽にやってみてくださいね!それでは、また次回の更新でお会いしましょう!