つむじの雑記帳

無職女性が役立つ情報や好きなものなどを綴るブログ

iPhoneの読み上げ機能の設定と使い方【読むのが苦手な人へ】

iPhoneの読み上げ機能の設定と使い方

こんにちは、つむじ(@tumuji2san)です。

金木犀の香りがする秋の季節になってきました。

秋は読書の季節でもありますね。



私実は、文字を追うのが苦手なんです…。

横文字が特に苦手。

どこまで読んだかわからなくなることもよくあります。

改行のほとんどない文章も苦手です…。



最近、iPhoneの読み上げ機能というものを知り、活用するようになりました。

iPhoneで記事を読む際にとても役立っています。

今回は、iPhoneの読み上げ機能の設定と使い方を紹介していきたいと思います。





読み上げ機能を使う設定

今回は、Assistive touch(アシスティブ タッチ)を使って読み上げ機能を使用する設定を紹介します。

Assistive touch(アシスティブ タッチ)とは、iPhoneの画面上に置ける、仮想ボタンのことです。

スクリーンショットやAppスイッチャー(iPhoneで起動しているアプリを切り替える)などを配置することができます。



【手順】

設定→一般→アクセシビリティ→Assistive touchの順で移動



➀Assistive touchをオンにし、最上位メニューをカスタマイズをタップ

Assistive touch カスタマイズ

②次にアイコンを追加するので、+ボタンをタップ

Assistive touch カスタマイズ 追加

③最下部にある画面の読み上げをタップ

Assistive touch カスタマイズ 画面読み上げ

これで、Assistive touchに画面の読み上げが追加されました。

Assistive touchを設定すると仮想ボタンが画面上に表示されます。



読み上げ機能を使う方法

➀読みたいページを表示し、左上にあるリーダー機能をタップしてオンに

つむじの雑記帳 感情記録アプリ 画面

↓↓今回は、私のブログの記事を使いました

◆AIに癒される 感情記録アプリ『EMOL』



↓↓私のブログもリーダー機能を使うとこの通り

つむじの雑記帳 リーダー機能

リーダー機能をオンにすると、文章を読むのに特化した表示にすることができます。

これで広告などの不要な情報まで読み上げてしまうのを防ぎます。



②Assistive touchをタップ

Assistive touch タップ画面

③画面読み上げをタップ

Assistive touch 画面読み上げ画面

これで読み上げを開始することができます。

少しテンポが速い場合はカメマークを、遅すぎる場合はウサギマークをタップしましょう。

ウサギとカメなんて日本らしくていいですね(*^-^*)



読み上げを終了する場合は✖ボタンをタップしてくださいね!



読み上げ機能のその他の設定

読みかたを登録する

使っていて思ったのですが、中国語や英語が急に混じったり、日本語の読み間違いも少しありました。

「削がれます」を「さくがれます」と誤読していた時はかなり驚きました(笑)

読み間違えていた単語は、次の手順で置き換えましょう。



【手順】

設定→一般→アクセシビリティ→スピーチ→読みかた



➀語句とその読みかたを音声入力かキーボードで入力

スピーチ 読みかた

これで完了です。

読み方がおかしいな?と思ったらその都度、読みかたを登録する必要がありそうです。



声を変更する

【手順】

設定→一般→アクセシビリティ→スピーチ→声



➀日本語をタップして好みの声に変更する

スピーチ 読み上げ 声

初期設定ではKyokoになっていましたが、声が好みではなかったので私はSiri(女性)に変更しました。

声のサンプルが試聴できるので、聞いてから好みの音声に変更してみてくださいね!



まとめ

誤読が少し気になりますが、許容範囲なので私はそこまで困りませんでした。

文字を読むのが苦手な人は是非活用してみてくださいね!

それではまた次回の更新でお会いしましょう(^_^)/~