つむじの雑記帳

無職女性が役立つ情報や気になるものをシェアするブログ

本当に予約が取れない?iPhoneバッテリー交換予約はひたすらリロードすべし


本当に予約が取れない?iPhoneバッテリー交換予約はひたすらリロードすべし

実は、iPhoneのバッテリー交換をしてきました。以前、こんな記事を書いてたのに…(笑)

www.tumuji2.com

簡単に要約すると、今年いっぱい(2018年12月月31日)まで3200円(税抜き)でバッテリー交換ができるのでそれで予約が取りにくいよ!っていうお話です。

私は1時間粘って何とかお昼の予約を取ることができましたが、予約を取るのは結構大変でした。せっかくキャンセルが出ても、夕方だったり時間が合わず諦めることも…。

バッテリー交換は、混雑状況によっては2時間半かかると聞いていたので夕方だと帰るのが遅くなってしまいますからね。

この記事では、iPhoneのバッテリー交換予約のコツや事前に準備すること、Apple storeでの手順、注意点を紹介します。

バッテリー交換の目安

バッテリーの最大容量が80%以下になったら交換した方がいいです。最大容量は、設定⇒バッテリー⇒バッテリーの状態から確認します。

私は交換前、最大容量が77%だったためバッテリーの持ちがかなり悪かったです…。

iPhone バッテリー 最大容量

バッテリー交換予約のコツ

予約は根気が必要

前述のように私は、予約するのに1時間粘りました。時間にこだわりがなければ、ここまで時間はかからないですが、それなりに根気が必要です。

リロードを繰り返す

以前の記事でも紹介したアプリ、Appleサポートを使用します。

Apple サポート

Apple サポート

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

Appleサポートを起動し、下のメニュー『サポートを利用する』を選択。そして、『バッテリーと充電』を選択します。

Appleサポート バッテリー交換

次に『バッテリー交換』を選択し、『ストアを検索』を選択します。

Appleサポート バッテリー交換

Appleサポート バッテリー交換

近くの対応店舗が表示されるので、キャンセルで空きが出るまで『ストアを検索』⇒空きを確認⇒『閉じる』⇒『ストアを検索』…この動作を続けます。

下に行くほど遠い店舗になるので、上に表示される数件だけ見ていきましょう。

Appleサポート バッテリー交換

ちなみにキャンセルが出るとこのように青字で、日時が表示されます。

Appleサポート バッテリー交換

予約する

日時をタップすると予約画面が表示されるので、予約ボタンをタップします。ちなみに素早くタップしないと、間に合いません。速度勝負です。頑張って予約を勝ち取りましょう。

Appleサポート バッテリー交換

Appleサポート バッテリー交換

バッテリー交換の事前準備

予約完了後や店舗でも指示がありますが、いくつかの事前準備が必要になります。

バックアップを取る

バッテリー交換後、データが初期化されてしまうことがあるので念のためicloudやパソコンでバックアップを取っておきましょう。

ソフトウェアをアップデートする

ソフトウェアを最新版ではない場合、アップデートしておきましょう。

設定⇒一般⇒ソフトウェア・アップデートから行えます。

iPhoneを探すをオフにする

店舗でも事前に『iPhoneを探す』をオフにするように指示されると思うのですが、できれば事前にやっておきましょう。

簡単に手順を説明すると、設定⇒自分の名前(設定の一番上)⇒icloud⇒iPhoneを探すから行います。

待ち受けの変更

(これは個人的に必要だなと感じて追加した項目です)

見られたら恥ずかしい待ち受けは事前に変更した方がいいかもしれません。操作するときや、受け取りのときに店員さんに画面を見られるので…(^_^;)

必ず持っていくもの

時計

iPhoneを店舗に預けたままにするので、必ず時計を持っていきましょう。時計がないと指定の時間に受け取りに行けなくなってしまいます。

身分証明書

バッテリー交換後、受け取りの際に身分証明書の提示を求められます。運転免許証や保健証などを必ず持っていきましょう。

いざ、バッテリー交換へ

私はApple storeで交換しましたので、その手順を紹介していきます。

iPhoneを預ける

店内に入ると、ドア付近の店員さんが声を掛けてくれますので、予約している旨を伝えましょう。予約時間などを聞かれ、手続きしてくれます。

私は早く着きすぎてしまったので、手続き後ベンチに座り待機していました。予約時間よりより早く対応してくださったので、店員さんには感謝です。

順番が回ってくると名前を呼ばれます。その後、一通り説明を受け、端末のテストや署名をします。この日はかなり混雑していたので、バッテリー交換に2時間半かかるとのこと。

さすが年末というだけあって、平日でもこの混雑具合…。iPhoneを店員さんに預け、受け取り可能時間や支払い金額が記載された用紙を受け取り、指定の時間になるまで外をブラブラしていました。

iPhoneを受け取る

受け取り可能時間になったら、Apple storeへ。ドア付近の店員さんにiPhone受け取りの旨を伝えて、手続き。また名前が呼ばれるまで待機します。

名前が呼ばれたらカウンターでiPhoneの状態を確認。私のiPhoneは、初期化されずに無事戻ってきました。画面のフィルムも場合によっては、外すことがあるかもしれないと説明を受けていましたが、フィルムもそのままに返ってきました。

Apple storeの店員さん、ありがとうございます。

身分証明書の提示と支払い・署名などを行い、これでバッテリー交換は完了です。

さいごに

バッテリーの最大容量が100%になり一安心。これで、安心して年を越せそうです。バッテリー交換から90日間、保証が付くのも安心ですね。

これは店員さんも言っていたのですが、充電しながらの操作はバッテリーの劣化を招きます。これから気を付けないと…。

バッテリーを3200円(税抜き)で交換できるのは、今年いっぱいまでですのでお早めに!