つむじの雑記帳

無職女性の日常やたまに役立つ情報や気になることをシェアします

フェルメール展へ行ってきた

スポンサーリンク

フェルメール展へ行ってきた

こんにちは、つむじです( ´ー`)

ここ数日、生理痛やらそれに起因する下痢などに苦しめられ、寝込んでました。

そのため5月1日からブログを全く更新できず、1週間経ってしまいました(^^;)

ゴールデンウィークは、ほとんど家にいましたね。

そして、ゴールデンウィークが終わってからやっと外出。

ずっと行きたかった、『フェルメール展』へ行ってきました。

フェルメール展

フェルメール展

『フェルメール展』は、5月12日までの開催なので本当にギリギリですね。

ゴールデンウィークが終わっているのにも関わらず、館内は大混雑。

これがゴールデンウィークだったらどうなっていたかと思うと正直ゾッとしました(^^;)

東京は混雑を見越して日時指定入場制を採用していましたが、大阪はそういう措置がなかったので1つの作品を観るのも大変でした。

私はキャプションをじっくり読んで鑑賞する派なのですが、この人混みではキャプションを読むのも一苦労。

混雑具合を考えると音声ガイドを利用した方がよかったなと少し後悔。

ちなみに音声ガイドの声は、女優の石原さとみさんが担当されていました。

フェルメール作品の展示は、東京は9作品・大阪は6作品。

残念ながら『牛乳を注ぐ女』は東京のみの展示でしたが、『取り持ち女』や『恋文』が見れただけで満足。

取り持ち女である中央の老婆の顔が、実物で見るとよりいっそう怖かったです(^^;)

『恋文』からは、見てはいけないものを見てしまったような緊張感を感じましたね。

『家政婦は見た!』的な(笑)

フェルメール以外の作品も鑑賞でき、その中でも特に印象深かったのは『本を読む老女』と『ヴィーナスと鳩』。

絵の緻密さと美しさに圧倒されました。

鑑賞後、思い出にミュージアムショップで何か買おうかなと思ったのですが、レジの混雑具合に絶句し断念。

欲しかった牛乳を注ぐミッフィー(小)も、完売していました…。

可愛いからそりゃ売れるよね。

久しぶりに人混みに揉まれたため、帰宅後は疲労困憊。

ベッドに横になると、そのまま1時間程寝てしまいました。


美術館の半券は、ジブン手帳に貼り付け保管。

ジブン手帳 美術館

美術館でもらってきた作品リストに思い出せる限りで、キャプションに書いてあったことや作品から感じたことをメモしました( ´ー`)

怖い絵展以来の美術館でしたが、いい刺激にはなったと思います。

来年はゴッホのひまわりが初来日するので、とても楽しみです。

bijutsutecho.com

⇓応援クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職女性日記へ
にほんブログ村